コーポレートガバナンス corporate governance

弊社では、モノづくりを様々な角度から物事を捉え「より快適な都市」「安心、安全な暮らしづくり」を常に意識し、街に住む、すべての人たちから「信頼」「評価」される企業を目指しています。

そのために、弊社では、取締役会、監査役会による経営監督と、コンプライアンス室による内部統制の整備、リスク管理、コンプライアンス遵守、徹底のための施策を通じ、透明性のある企業活動を、コーポレートガバナンスの基本的な指針としています。

コンプライアンス compliance

弊社では、コンプライアンスの遵守を最重要課題と捉え、社内に「コンプライアンス室」を設置しています。

コンプライアンス室では、コンプライアンスマニュアルの作成、職員へのコンプライアンス研修等を実施し、社内一丸となって法令等の遵守に取組んでいます。

  コンプライアンス体制

コンプライアンスの遵守・強化のための重要事項を審議する際には「コンプライアンス室」を中心として顧問弁護士、税理士、社労士など、外部の専門家と連携しコンプライアンスの透明性、実効性の確保を図っています。また、各事業の責任者と連携を図り、遵守状況の報告や各部門の職員への指導を行っています。

  基本方針

  1.  建設業関係法を順守し受注に際し適正な契約を締結し、契約条項を誠実に履行します。
  2.  当社は建設物の資材の調達・施工に関して、法令を遵守し、公正・透明な取引を行います。
  3.  お客様の安全・安心の実現のため、上質で、災害に強い建設物を施工します。
  4.  労働関係法を遵守し、職員が安全・安心に働く環境を確保します。
  5.  建設業法、その他、弊社関係事業法に対する許認可、届出等の手続きを確実に実施します。
  6.  業務上に知り得た機密情報を厳正に管理し、顧客ならびに協力会社との取引を通じて知り得た機密情報の取り扱いについて充分な注意を払います。

事業紹介